結婚指輪をアトリエで手作りする3つのメリット

手作り結婚指輪は価格が安くて思い出も作ることができる

手作りタイプとフルオーダータイプの違い

手作り結婚指輪

手作り結婚指輪は、自分たちで素材やデザインを決めることができ、作製までも自分たちで行うことができます。そのため、二人の思い出になりやすいことが特徴です。しかし、フルオーダー結婚指輪に比べると手間や時間はかかりやすくなります。

フルオーダー結婚指輪

フルオーダー結婚指輪は、自分たちのイメージをプロのデザイナーが形にしてくれ、製作は職人が行ってくれます。そのため、デザイン性と完成度の高い理想の結婚指輪を作ることが可能です。しかし、デザイナーと職人に作製を任せるため、費用が高くなってしまいます。

手作り結婚指輪製作の流れ

素材やデザインを選ぶ

手作り結婚指輪を作るときは、始めに好みのアトリエを選び、そのアトリエで素材やデザインを選ぶことから始めます。知識が無い方でも、アトリエの専門スタッフと打ち合わせをすれば、理想の素材やデザインを決めることができるはずです。手作り結婚指輪はデザインの自由度が高いので、二人の好きな模様やコンセプトを取り入れることが可能です。最も重要な要素になるので時間をかけて決めていくようにしましょう。

二人で作製

素材やデザインが決まれば、二人で作成を開始することができます。手作り結婚指輪で最も楽しい時間です。結婚指輪の作製方法にはいくつかの種類があります。作製方法によってデザインの自由度や作製難易度、完成後の見た目は大きく変わります。アトリエによって提供している作製方法も変わるので、事前に調べておくことが大切です。一般的には2~3時間で作製が終了します。作製中は専門スタッフがそばでサポートしてくれるので、失敗する心配はありません。

職人が修正・完成

二人で作製したリングを職人の方に渡して最後の修正や仕上げが行われます。仕上げに数日かかるアトリエもあれば、1日で仕上げを完了させて、その日に受け取りが可能なアトリエもあります。リングにダイヤモンドなどの宝石をつける場合は、数日かかるところが多いようです。職人が仕上げをして指輪が完成すると、最終確認をして受け取ることができます。これが手作り結婚指輪作製の一連の流れになります。

結婚指輪をアトリエで手作りする3つのメリット

男女

一生の思い出ができる

手作り結婚指輪は、二人でデザインや素材を決めて二人で1から製作していきます。結婚指輪を製作するという経験は一生に一度しかありません。そのため、二人で共有できる一生の思い出を作ることが可能です。

価格が安い

手作り結婚指輪はフルオーダータイプのようにデザイナーにデザインを依頼したり、職人に1から製作を依頼したりすることがないので、自由度が高いにも関わらず安価で製作をすることが可能です。工夫をすると、2つで10万円以内で作ることもできます。

世界に1つだけの指輪が作れる

二人でデザインや素材を決めて、二人で作った結婚指輪は、まさに世界に1つだけの指輪です。同じものは二度と作れません。結婚指輪は結婚したあともずっと身に着けていくものなので、せっかくならば世界に1つだけの指輪を作ってみてはいかがでしょうか。

広告募集中